FIA-F4もてぎ大会第7戦決勝レポート

野中誠太が第7戦も制し、もてぎ大会制圧
IND-CはHIROBONが逃げ切り、2勝目を飾る

 第6戦に引き続き、DRAGONが車両のダメージにより出走をとりやめたことで、33台が出走した第7戦決勝。この13周の戦いは、7月18日(日)午前8時15分のコースイン開始と、比較的涼しいコンディションが予想されたが、この日のもてぎは朝からややどんよりとした曇り空となっており、暑さの際立った土曜の第5戦、第6戦に比べていっそう過ごしやすい雰囲気の中でスタート進行は進められた。

 フォーメーションラップを終え、午前8時33分にスタートを迎えた第7戦。ここでは上位陣は各車まずまずの動きだしで、野中誠太、太田格之進、荒川麟、清水英志郎、伊東黎明、奥住慈英、小出峻、木村偉織といったグリッド順のまま1コーナーへなだれ込む。3〜4コーナーと大きな波乱もなく、このオーダーのままオープニングラップが進んだが、S字コーナーへの飛び込みで木村が小出を捕らえ、7番手に浮上を果たす。

 1周目を終え、1コーナーで奥住が伊東を捉えて5番手に浮上。その前方で2番手の太田とのギャップをコンマ5秒としたトップの野中は、昨日の2戦同様にギャップを拡大しようとするが、太田もなんとか食らいつく。それでも野中が3周目に1分59秒317、4周目に1分58秒892とファステストを刻み、ジリジリとギャップは開いていくこととなり、4周終了時にはその差は約1秒となった。
 2番手の太田の背後には第5戦、第6戦ともに終盤追い上げを見せた荒川が続いていたが、荒川のペースも太田には及ばず、その後ろの清水英志郎、奥住の追従を許しており、徐々に上位陣は膠着した展開となっていく。ところが7周目の最終コーナー手前で8番手を走行していた小出がマシントラブルに見舞われてコースオフ、代わって小川颯太、岩澤優吾、松澤亮佑が8〜10番手に。

 以降終盤にかけて、4番手清水と5番手奥住が接戦を演じるも、トップ6の順位変動はなくレースはチェッカーを迎え、終わってみれば2番手太田に2.2秒差と、独走とはいかなかったものの、野中がこの第7戦でもファステストを奪って完勝。もてぎ大会を制圧し、富士大会からの連勝を4に伸ばすこととなった。
 太田は今季最高位となる2位。3位には荒川が入り、清水、奥住、そして伊東が4〜6位でのフィニッシュとなった。

 なお、インディペンデントカップでは、クラスポールからスタートしたHIROBONが、スタートを決めてクラス2番グリッドの鳥羽豊との間に他車4台を挟むなど、今季2勝目に向け最高を滑り出しを見せる。しかし、徐々にその“緩衝帯”を失ったHIROBONは、9周目についに鳥羽の猛攻を受けることに。
 2周ほど僅差の攻防を続けた2台だったが、90度コーナーでの鳥羽のコースオフもあり、最終的には1.3秒差でHIROBONが逃げ切ってもてぎ大会での鳥羽の3連勝を阻止、自身の今季2勝目を飾った。クラス3位には仲尾恵史が入り、以下齋藤真紀雄、佐藤セルゲイビッチ、今田信宏がトップ6となっている。