FIA-F4鈴鹿大会第4戦決勝レポート

トップチェッカーの木村にペナルティー
荒川麟が初優勝! IND-Cは佐藤が今季初V

 夜半に降った雨の影響が残り、黒く湿った路面が所々に残る日曜朝の鈴鹿サーキット。FIA-F4選手権第4戦決勝は、薄曇りの下午前8時45分にフォーメーションラップがスタートした。念の為ウェット宣言が出されたが、昨日の第3戦と異なり雨の気配はなく、全車がドライタイヤでの戦いとなった。

 上位グリッドにはダブルポールで昨日の第3戦を制した木村偉織を先頭に、2番グリッドに荒川麟、3番グリッドに野中誠太、4番グリッドに小出峻、5番グリッドに太田格之進、6番グリッドに元嶋成弥という顔ぶれが並んでいたが、レッドシグナルが消えると、ポールポジションの木村はまずまずの動き出しも、2番グリッドの荒川は、加速が鈍く野中が1コーナーまでに2番手に浮上。さらに1〜2コーナーで荒川に並びかけた小出が3番手を手に入れ、荒川は一気に2ポジションダウン。これに太田、元嶋、さらに伊東黎明、清水英志郎、奥住慈英、小川颯太らが続くこととなった。

 このオーダーのままオープニングラップを終えた上位陣だが、木村をコンマ3秒差で野中が追走も、その野中のコンマ5秒後方には小出、さらにコンマ3秒差に荒川と僅差の攻防。2周目、3周目と周回が進んでもこの接近戦は変わらず、4周目にトップの木村が2分09秒309のファステストラップを刻んで逃げようとするも、後続もハイペースで周回しており、あまりギャップは拡大せず緊迫した展開が続く。

 すると、5周目にS字コーナーで慶原克律がスピンを喫しグラベルストップ。これでセーフティーカーが導入されることとなり、接近戦はさらにギャップがなくなることに。この時点でのトップ10もオープニングラップ終了時と同じ、木村、野中、小出、荒川、太田、元嶋、伊東、清水、奥住、小川というオーダー。このセーフティーカーは、7周目のスプーンカーブで消灯し、いよいよ8周目からリスタートとなった。

 ここで木村の背後にピッタリと食らいついてうまくリスタートを決めた野中は、ホームストレート上でスリップから抜け出し木村のアウトから並びかける。1コーナーにはやや野中が先行するような状況となったが、木村も簡単に首位の座を譲るわけもなく両者は並走したまま1コーナーを抜けるが、2コーナーへ向かう中での競り合いで木村と野中は接触。野中はアウト側へコースオフして後退してしまう。また、その背後では3番手につけていた小出もスピンアウトしてしまい、2コーナーを立ち上がった時点で木村に続いたのは荒川、太田、元嶋ら。さらにこの周のヘアピンへのアプローチで元嶋が太田を捕らえて3番手に浮上することに。

 このため、8周終了時のトップ10のオーダーは木村、荒川、元嶋、太田、野中、伊東、清水、奥住、小川、岩澤となるが、9周目の1コーナーで太田が元嶋を再逆転、3番手に返り咲く。また、コースオフの影響か、ペースの鈍った野中は伊東にかわされ6番手に後退するが、さらには10周目の1コーナーではこの野中に清水、奥住が襲いかかる。ところがイン側から野中の前に出た清水だったが、1〜2コーナー間で勢い余ってスピンアウト。これで、上位陣のオーダーは木村、荒川、太田、元嶋、伊東、奥住、小川、野中、松澤亮佑、岩澤となり、いよいよファイナルラップへ。

 このまま木村の逃げ切りかと思われたが、なんとリスタート時の野中との攻防が危険行為との裁定が下され、5秒のタイムペナルティーが科せられることがモニター表示される。無線を使用しないFIA-F4選手権だけに、コース上のドライバーはこれを知るもなく、トップチェッカーの木村は右手でガッツポーズを作ったが、パルクフェルメに最初に誘導されたのは荒川。荒川もその場で優勝を知らされ、ようやくガッツポーズを見せることに。同様に、2位に太田、3位には初表彰台となる元嶋が入った。
 4位には伊東が続き、木村は5位。6位には、ファイナルラップに2分09秒301のファステストラップを刻んだ奥住となった。

 一方インディペンデントカップでは、スタート直後は仲尾恵史が先行し佐藤セルゲイビッチ、今田信宏、鳥羽豊と続くが、昨日の第3戦を制したHIROBONが昨日同様の驚異的なペースで最後尾から追い上げる展開に。
 2周目、佐藤が仲尾を攻略しトップ浮上を果たすと、仲尾、今田の背後にはHIROBONが肉薄。このラップの間にHIROBONは今田、仲尾を攻略し、2番手に浮上することに。
 それでもトップ佐藤はHIROBONを上回るペースで飛ばし、4周終了時点で2.5秒のギャップを築いていたが、5周目にセーフティーカーが入ってしまう。

 このため、リスタート後は佐藤、HIROBON、今田、DRAGON、仲尾、鳥羽らが僅差のまま攻防を展開したが、佐藤が最後までHIROBONの逆転を許さず今季初優勝。以下、HIROBON、今田、DRAGON、鳥羽、仲尾が2〜6位となった。