決勝上位コメント

第10戦 決勝1位
伊東 黎明【#80 OTG DL F4CHALLENGE】

「ここまで2位、3位は獲っていて、昨日(第8、9戦)も3位、2位で、周りからの“次は1位”の期待が大きくなっていました。その期待に応えることができて嬉しいです。(先行車の)ペナルティーがあって得た優勝ではありますが、そこの位置にいたからこそ成せたもの。今季ずっと予選で一発のタイムは出せても決勝でのロングランのペースが良くなくて順位を下げる傾向にあった中、今回はレースでも安定したペースで走ることができたので、次のもてぎでも前回のもてぎのような予選トップから右肩下がりの展開にはならないと思います。ランキングも良い位置にいるので引き続き頑張ります」

第10戦 決勝2位
野中 誠太【#35 TGR-DC RS トムススピリットF4】

「今週は出だしから調子が悪く、昨日の2戦(第8、9戦)も思うような走りができずにモヤモヤしていました。そこで今日(第10戦)に向けてエンジニアさんとよく話し合って方向性を変えてクルマを作った結果、ペースも悪くなかったし良い流れに変えられたのかなと思います。2位でフィニッシュできてランキングトップをキープできたことも良かったですが、内容が良くなったことの方に満足しています。残り2大会もこの調子を維持して、最後は必ずチャンピオンを獲得したいと思います」

第10戦 決勝3位
小出 峻【#5 HFDP/SRS/コチラレーシング】

「予選3位は十分チャンスがある位置なので、まずはスタートに集中していました。その結果、良いスタートを切ることができたのですが、前の2台も良かったので順位を上げられませんでした。その後はSCリスタートでフロントタイヤの温め方が十分でなく最終コーナーでアンダー(ステア)を出して野中選手に抜かれて、さらにその先も防戦一方になってしまいましたが、昨日(第8、9戦)も守りの展開だったことが活きて、3位はなんとかキープすることができました。SUGO大会では自分のポテンシャルが出せて1位、3位、3位と好成績で終われたので、この流れに乗って残りの大会でもしっかりと結果が残せるよう頑張ります」

第10戦 インディペンデントカップ1位
DRAGON【#43 ZAP SPEED F110】

「オープニングラップの4コーナーでオーバーテイクを狙っていったところ、前の鳥羽選手が他のクルマと接触したことでギャップも築けました。ですが、セーフティーカー導入でギャップがなくなり、リスタート後の1、2周が勝負だと踏んで、そこはかなりプッシュしました。そこからは、ミスしなければ抜かれない自信はあったものの前に出られたら再逆転は難しいので、近づいてきたらどうブロックするかを考えながら走っていました。1回だけスリップに入られてシビれた場面がありましたが、それ以外はうまくコントロールできたと思います。SUGOではずっと鳥羽選手が速く、チャンスはここしかないと思っていたレースで優勝できて良かったです」