FIA-F4富士大会第2戦決勝レポート

小出峻が前日の雪辱果たしポール・トゥ・ウイン!
IND-CはDRAGONとの一騎打ち制し鳥羽が連勝

前日の雪辱を果たし独走Vの小出峻

 2日続きの好天に恵まれた5月4日の富士スピードウェイ。午前8時から迎えた第2戦は、前日と同じ14周での戦いとなった。

第2戦スタート直後の1コーナー

 第1戦でもポールスタートながら、スタート直後のアクシデントでリタイアとなった小出峻がこの日もポールポジション。2番グリッドには平安山良馬が並び、以下伊東黎明、吉村渉、荒川麟、奥本隼士等が続く上位グリッドとなったが、注目のスタートではアウト側グリッドの小出が好スタートを決めた一方、フロントロウの平安山は出遅れ、1コーナーまでに後続に飲み込まれてしまう。
 このため、1コーナーへは小出、伊東、吉村、荒川というオーダーでアプローチしたが、吉村と荒川は1〜2コーナー間で並走、アウト側にコースオフしたものの、荒川はそのままコース復帰しコカコーラコーナーで吉村をかわして3番手に浮上を果たす。
 続くヘアピンでは昨日初優勝を飾ることとなった三井優介が5番手に浮上、さらにGR Supraコーナーでは岩澤優吾が奥本をパスするなど、オープニングラップに各所で順位変動が展開された。

連勝こそ逃したが、#7三井は2位で連続表彰台に

 1周目に早くも1秒9もの大差を築いたトップの小出は、2番手につけた伊東、3番手荒川とのギャップをさらに拡大するべく猛プッシュ。2周目に1〜2コーナーで荒川が伊東をパスし2番手に浮上も、トップ小出は後続の戦いをよそに、2周終了時点で早くも2秒8という大きなリードを作り出す。
 2番手に上がった荒川も前を追ったが、小出のペースには届かず、ギャップは拡大する一方。3番手となった伊東も荒川にじりじり引き離される状況で、トップ3はこう着状態に。その背後の三井、吉村は激しく4番手を争うが、5周目の1コーナーでその攻防に岩澤、小林利徠斗も絡み、その中で吉村と小林が接触し吉村はスピンしてしまい大きく後退を余儀なくされる。

伊東は2戦連続での3位に

 こうして小出、荒川、伊東のトップ3には三井、岩澤、小林、大滝拓也、平安山、中村仁らが続くこととなったが、その中でも周回ごとにポジション変動があり、見どころの多い展開となるが、レース中盤に差し掛かっても小出のペースは落ちず、ファステストラップを連発。8周目には1分45秒393にまでラップタイムを伸ばした小出は、最終的に5秒ものマージンを稼ぎ出し、そのまま独走優勝。前日の雪辱を果たすこととなった。

 小出の後方では荒川、伊東が追走していたが、ファイナルラップのコカコーラコーナーで、三井が伊東を捕らえて3番手に浮上。これで伊東は表彰台を逃したかに思われた。ところが、小出に続いて2番手でチェッカーを受けた荒川には、レース終了直前、スタート直後の1〜2コーナーでの吉村との攻防の際、走路外追い越しがあったとの判定で競技結果に40秒加算というペナルティーが科せられて降格されることに。このため、三井以下が繰り上がることとなり、暫定表彰台には勝者小出とともに、2位三井、3位伊東が上がった。
 なお、4位には岩澤、5位に小林、6位に中村が続いている。

荒川が降格となり、表彰台には小出、三井、伊東が上がった

 一方、インディペンデントカップでは昨日同様の激戦に。ポールポジションを獲得していたのは鳥羽豊だったが、第1戦同様にスタートで大きくポジションを下げることとなり、代わって首位に浮上したのは予選2番手のDRAGON。2番手には佐藤セルゲイビッチが浮上し、別クラス車両を挟んでの3番手に鳥羽というオーダーとなった。

激闘を制し、IND-Cでは鳥羽豊が開幕大会を連勝

 しかし、2周目に前の車両をかわして佐藤セルゲイビッチの背後についた鳥羽は、3周目に佐藤セルゲイビッチをパス。さらにその前にいるDRAGONのスリップを奪うと、4周目の1コーナーでアウトからDRAGONを攻略し早々にトップに返り咲く。

IND-Cでは序盤から大混戦となる中、激しい攻防が続いた

 鳥羽は一時複数台の別クラス車両をDRAGON、佐藤セルゲイビッチとの間に挟むことに成功、セーフティーリードを築いたかに見えたが、7周目の1コーナーでオーバーランを喫し、再びDRAGONが首位の座を奪い返すことに。また、3番手には佐藤セルゲイビッチをかわした齋藤真紀雄が浮上、レース後半は齋藤、佐藤セルゲイビッチ、の後方から堀田誠、今田信宏、大阪八郎、近藤善嗣、大山正芳らが混戦を展開する。

 後方の競り合い同様、この日もトップのDRAGONと鳥羽が激闘を展開。ぬきつ抜かれつの接戦の結果、鳥羽が最終的に13周目のコカコーラコーナーでDRAGONをパスし、そのまま逃げ切って連勝。惜しくもDRAGONは2位、3位に齋藤が入り、4〜6位には佐藤セルゲイビッチ、堀田、今田が続いた。

鳥羽、DRAGONは2戦ともに1〜2位。齋藤は2戦目での今季初表彰台に