FIA-F4富士大会第2戦決勝レポート

FIA-F4富士大会第2戦決勝レポート

荒れた第2戦、野中が荒川の攻勢しのぎ初優勝!
3位に初表彰台の清水、IND-CはHIROBON初優勝

 昨日同様の晴天に恵まれた5月4日の富士スピードウェイ。8時15分にフォーメーションラップがスタートした第2戦も、再びドライコンディションでの14周の戦いとなった。

 この第2戦のポールポジションは昨日2位の小出峻。2番手には野中誠太、3番手には開幕戦ウイナーの木村偉織、4番手に荒川麟、5番手に太田格之進、6番手に清水英志郎、そして4列目に伊東黎明、奥住慈英が続いたが、8時19分に迎えたスタートでは、ややPPの小出の動き出しよりも野中の方が上回り、1コーナーへはイン側の野中が先行。小出はアウト側から2番手でターンインしようとしたが、直後にいた木村が小出に追突してしまい小出はたまらずスピンアウト。木村含め、この2台は大きくポジションを下げる。この混乱をうまく避けた太田が2番手に浮上し、荒川、清水、奥住、そして伊東が3〜6番手に浮上、木村はこのトップ6に続く7番手に、さらに小出は20番手付近にまで大きくポジションを下げてしまった。

 トップに立った野中の背後では、荒川が太田に迫り、2周目の1コーナーでスリップから抜け出し2番手に浮上。太田は3番手に後退し、今度は清水の攻勢を受けることとなり、3周目の1コーナーでは清水とのブレーキング競争でタイヤをロックさせ、アウトからターンインしようとした清水に太田が接触、太田はスピンして脱落してしまう。

 こうした序盤戦の荒れた展開の結果、3周目を終えた段階で上位陣は、野中、荒川、清水、奥住のTGR-DC RS勢がトップ4を独占し、これに伊東、小川颯太、元嶋成弥、木村が続く形となったが、木村にはスタート直後の追突に対し、ドライブスルーペナルティーがこの直後に提示され後退を余儀なくされる。

 この結果、6周目にはTGR-DC RS勢に次ぐ伊東、小川、元嶋、藤原大輝までがトップ8となったが、9番手には小出が挽回。一方、3番手を争う清水と奥住は、7周目のコカコーラコーナーで奥住が前に。ここで4番手に後退した清水には100Rで伊東が襲いかかり、伊東が4番手に浮上、TGR-DC RS勢の一角を崩す。
 勢いに乗る伊東は、8周目の1コーナーで奥住をとらえて3番手に浮上するが、なんとその周のダンロップへのアプローチで、伊東は単独スピンを喫して小川の後塵を拝することとなってしまう。

 この頃から、野中、荒川のトップ2台の間隔が縮まり、緊迫感が高まるが、5秒ほどギャップの開いた3番手争いは11周目のストレートで清水が逆転し3番手に返り咲き。4番手に下がった奥住は14周目の1コーナーでコースオフ、小川が4番手に浮上する。

 7秒以上ギャップを開いたトップ争いは、最後まで野中が荒川の攻勢をしのぎ、そのまま逃げ切って初優勝。2位に荒川、3位には初表彰台となる清水が入り、小川、奥住、伊東までがトップ6となったが、7位にはファステストラップを奪いつつ最後まで追い上げた小出が続く結果となった。

 一方インディペンデントカップでは、昨日同様スタートでHIROBONがトップに立ち、これをDRAGON、齋藤真紀雄が追う展開に。HIROBONとクラス2番手のDRAGONとの間には若手ドライバーが3台挟まっており、HIROBONには有利な展開となる中、齋藤は序盤大阪八郎の先行を許し、DRAGON、大阪、齋藤が激しく2番手を争うが、4周目に齋藤が3番手に再浮上する。
 このままHIROBONが楽に逃げ切るかと思われたが、11周目に両者の間の他車がいなくなると、12周目にDRAGONが一気に間合いをつめ始め、ファイナルラップにはその差は1秒を切ることに。
 しかし、HIROBONはそのままDRAGONを従えてトップチェッカー。インディペンデントカップの初優勝を飾り、3位には齋藤が入った。

2021 FIA-F4選手権 第2戦 富士 決勝上位コメント

第2戦 決勝上位コメント

第2戦 決勝1位
野中 誠太【#35 TGR-DC RS トムススピリットF4】

「昨日の第1戦で課題だと思っていたスタートを今回改善することができ、トップに立つことができました。その後は後ろで混乱があって広がったギャップをさらに広げるべくプッシュしようとしましたが、昨日から変化した路面コンディションにうまくアジャストすることができず、ペース的には少し苦しかったです。それでレース後半に荒川選手に近づかれることになりましたが、とにかく自分が今できる最大の走りを全力でしようという意識を持ちながら走りました。これまで追われるレースを多く経験してきたおかげで、集中できたと思います。今回はギリギリの優勝だったので、次の鈴鹿ではレースペースの課題を改善して違う優勝の仕方ができたらいいなと思います」

第2戦 決勝2位
荒川 麟【#36 TGR-DC RS トムススピリットF4】

「スタートで前2台が接触して戦列を離れ、それでまず順位を上げることができました。その後1台に抜かれたのですが、すぐに抜き返してトップの野中選手をターゲットにしました。そしてレース後半にはかなり近づくことができましたが、速い場所が違っていて近づけたり離されたりで、相手がミスしない限りオーバーテイクは難しかったというのが正直なところです。その中で自分は絶対にミスはしないよう心掛けて走りましたが、最後までチャンスは訪れませんでした。次の鈴鹿では今回の予選のようなミスをせず、ポールポジションからスタートして勝つレースがしたいです」

第2戦 決勝3位
清水 英志郎【#38 TGR-DC RS フィールドF4】

「スタートはミスなく行けたのですが、その数周後にバトルで少し接触があって、クルマのダメージが心配でした。結局ダメージはなく、コースオフした後に近づいてきたクルマから受け続けたプレッシャーにも冷静に対処できたと思います。また、終盤の奥住選手と激しい3位争いはさらにプレッシャーがかかる場面でしたが、なんとか守り切ることができて初の表彰台を獲得できて良かったと思います」


第2戦 インディペンデントカップ優勝
HIROBON【#11 Rn-sports Andare】

「スタートは昨日の第1戦と同様、うまく決めることができました。昨日はそこから追いつかれて逆転されたので、今日は序盤からできるだけ逃げようとプッシュしました。レースペースも昨日から比べると、少し改善できたと思います。また序盤のうちに、昨日よりも大きなギャップを築くこともできたのも勝因だったと思います。初参戦2戦目で勝つことができたので、このままチャンピオンを狙っていきたいですね」

FIA-F4富士大会第1戦決勝レポート

FIA-F4富士大会第1戦決勝レポート

PPから逃げ切った木村偉織がシリーズ初優勝!
小出、野中が表彰台。IND-CはDRAGONが逆転

お昼のピットビューイングが終わり、13時05分のコースイン開始となった2021年のFIA-F4選手権シリーズ開幕戦。31台のマシンがダミーグリッドに着き、13時20分にポールポジションスタートとなった木村偉織を先頭にフォーメーションラップがスタートした。
 午前の公式予選では荒川麟がトップタイムをマークも、複数回の四輪脱輪があったために7グリッド降格となり8番手スタートに。このため木村、小出峻が最前列にならび、2列目には野中誠太、伊東黎明、3列目に太田格之進、清水英志郎、4列目に奥住慈英、そして荒川と続くこととなった。

 1周のフォーメーションラップを終え、13時24分にレッドシグナルが消灯し14周の第1戦決勝がスタート。PPの木村、3番グリッドの野中の動き出しよりも、2番手スタートの小出、さらには伊東、太田の反応が優ったように見えたが、1コーナーまでの加速で辛くも木村が小出を抑えてトップに立ち、3番手には伊東を抑えて野中がつける。このトップ3の背後で4番手を争う伊東と太田だったが、ヘアピンで太田が伊東をとらえて4番手に浮上することに。
 こうしてオープニングラップを終え、木村、小出、野中、太田、伊東、清水英志郎がトップ6となり、奥住、小川颯太、荒川、岩澤優吾までがトップ10というオーダーに。

 コンマ数秒差で拮抗した攻防を続ける上位陣だったが、5周目の1コーナーで4番手の太田に伊東が仕掛けるも、太田は逆転を許さず。逆にこの争いのためにこの周ペースの鈍った伊東には清水英志郎が肉薄。続く6周目の1コーナーで伊東に並びかけた清水が、ヘアピンで伊東をオーバーテイクし5番手にポジションを上げる。
 また、続く7周目には2周目に小川をとらえ8番手にポジションを戻していた荒川が奥住を攻略し7番手に浮上を果たし、このあたりからトップ4と5番手清水との間が徐々に開き、その清水から伊東、荒川、奥住までの4台がひとつの集団となっていった。この5番手争いの集団の中では、11周目に伊東と荒川の攻防が激化し、ダンロップコーナーへのアプローチで荒川が伊東をパスし6番手に。さらに12周目には奥住も伊東をとらえ7番手に。一方の伊東は8番手に後退を余儀なくされる。

 こうした背後の攻防をよそにトップの木村、これを追う小出、野中、太田の4台は膠着状態のまま終盤に。結局最後には僅かに小出の射程距離から抜け出した木村がそのまま逃げ切ってガッツポーズで初優勝! 惜しくも一歩届かなかった小出が2位、3位には野中が入り、太田、清水、荒川が4〜6位でのフィニッシュとなった。



 一方インディペンデントカップでは、クラスポールのDRAGONがスタートでややポジションを下げ、代わって首位に躍り出たのはHIROBON。これがFIA-F4初レースとなるHIROBONは、SFLでも活躍しているDRAGON、さらには昨年富士で2勝をマークしている齋藤真紀雄らを抑えてクラストップをひた走るが、3周目に齋藤は吉村渉と接触しフロントウイングにダメージを負って、その後リタイアしてしまう。
 その後トップを死守していたHIROBONだったが、徐々にDRAGONが間合いを詰めて行き、12周目の1コーナーではDRAGONがHIROBONの前に。しかし、立ち上がりで再びHIROBONが逆転に成功し、僅差のまま2台は13周目に突入。
 この13周目の1コーナーで再びHIROBONのアウトから並びかけたDRAGONは、コカコーラコーナーでついにHIROBONを逆転しクラストップに。そのまま残り2周を逃げ切ったDRAGONがインディペンデントカップを制し、HIROBONは惜しくも2位。3位には最終ラップで井出靖司を逆転した近藤善嗣が入った。 

2021 FIA-F4選手権 第1戦 富士 決勝上位コメント

第1戦 決勝上位コメント

第1戦 決勝1位
木村 偉織【#6 HFDP/SRS/コチラレーシング】

「1年ぶりのレースということで緊張しました。その中でスタートは絶対に失敗しないと決め集中した結果、とりあえず無難にスタートを切ることができました。小出選手に並びかけられはしましたが、トップをなんとか守ることができました。でもその後も決して楽な展開ではなく、ずっとワンミスが命取りになるような緊張が続きました。小出選手のプレッシャーの掛け方もうまくて、本当に精神的に鍛えられたレースでした。それだけに勝つことができて、とても嬉しい気分です。終盤タイヤが厳しくなったのでエンジニアさんと対策を立てて、明日の第2戦でも優勝を狙っていきたいと思います」

第1戦 決勝2位
小出 峻【#5 HFDP/SRS/コチラレーシング】

「去年スタートでミスすることが多かったので、今年はそこを克服しようと取り組んできました。その結果うまくスタートを切ることができトップ浮上のチャンスができたのですが、もう1歩届かなかったですね。その後もかなりプッシュしていったのですが、木村選手のペースも良くてオーバーテイクには至りませんでした。最後に仕掛けたときはタイヤが厳しい状態でロックさせてしまい、その失敗で後ろから抜かれそうになりました。でも見ている人が楽しめるレースをしたいと思っているし、佐藤琢磨選手の“ノーアタック、ノーチャンス”をレースでは実践したいと思っているので後悔はありません。明日の第2戦はポールスタート。しっかりと今日の雪辱を晴らしたいと思います」

第1戦 決勝3位
野中 誠太【#35 TGR-DC RS トムススピリットF4】

「決して満足のいくスタートではなかったですが、周りも同じような感じだったので順位をキープすることができました。明日はそこをもう少し改善したいと思います。またその後も、ペースは良かったのであとはメンタル勝負というか、もうひと踏ん張り前について行っていたら、ミスを誘うことができて2位浮上のチャンスもあったのかもしれません。さらにひとつ上のレベルで戦っていかないと優勝は難しいですね。この経験を活かして、2番手から挑む第2戦では優勝できるようしっかり準備したいと思います」


第1戦 インディペンデントカップ優勝
DRAGON【#43 ZAP SPEED F110】

「今回急遽、吉田選手の代わりに出場することになったのですが、スタートでは思い切りホイールスピンしてしまい4台くらい抜かれました(笑)。それでもコースが富士ということで、ついていければ挽回のチャンスはあると思って、そこからフルプッシュしました。2位に上がってからはトップのHIROBON選手に3秒差くらいあってこれは追いつけないと思ったんですけど、とにかくフルプッシュで頑張った結果、追いつくことができました。最後はHIROBON選手にうまく守られて苦戦しましたが、なんとか抜くことができて良かったです」

2021 FIA-F4選手権 第1戦・第2戦 富士 公式予選上位コメント

公式予選上位コメント

第1戦 予選1位/第2戦 予選4位
荒川 麟【#36 TGR-DC RS トムススピリットF4】

「昨日の練習走行ではクルマと路面がマッチしていない感じでしたが、合同テストは良かったので気持ちをしっかり切り替えて予選に挑みました。その結果、路面コンディションは昨日とは異なっていて今日の方がマッチしていました。またスリップもうまく使うことができたので、一発良いタイムを出すことができました。セカンドベストは4位留まりでしたが、ペースは決して悪くないと思います。今日の午後の第1戦はポールスタートということで、先行逃げ切りで優勝を狙います。後ろのクルマにスリップにつかれないよう、最初からハイペースで行きたいですね」
※予選での複数回の四輪脱輪のため、荒川麟選手は第1戦で7グリッド降格となっております。

第1戦 予選2位/第2戦 予選3位
木村 偉織【#6 HFDP/SRS/コチラレーシング】

「昨日(練習走行)はトップだったのですが、予選ではアタック自体は良かったものの昨日との路面状況の違いやアタックタイミングの差が出た感じです。トップが獲れなくて悔しかったですが、最終的にフロントローは獲得できたのでレースでは頑張ります。クルマのフィーリングも良くコンスタントなペースで走れていたので、決勝でも良いところには行けると思います。FIA-F4は去年休んでいて2年ぶりの参戦になりますが、開幕戦は周りがどんなレースするか未知数なので、とりあえず焦らずにシーズン全体を考えて着実に結果を残していくことを第一に挑みます」

第1戦 予選3位/第2戦 予選1位
小出 峻【#5 HFDP/SRS/コチラレーシング】

「ベストタイムの方(第1戦予選)でトップを獲れなかったのは悔しいですが、僅差の戦いの中でスリップが使えた、使えなかったという、ポジショニングの運もあったと思います。でもコンスタントなペースという面では分がありそうなので、決勝には自信を持っています。単純なペースだけではなく、周りの状況をしっかり把握しながらコントロールできれば3位スタートからでも優勝の可能性は十分。また第2戦はトップスタートということで、もちろん狙うは優勝。SRSのチーム復活緒戦ということで、ぜひ勝利を手にしたいと思います」

第1戦 予選4位/第2戦 予選2位
野中 誠太【#35 TGR-DC RS トムススピリットF4】

「昨日(練習走行)から大きく路面コンディションが変わって、それが自分の予想通りになった感じ。クルマの動きも良かったので、自信を持ってアタックに挑めました。先頭でアタックできたのでトラフィックも問題なく、思い切り攻めることができました。単独で走行していたときのペースも良かったので、レースにも自信があります。FIA-F4は3年目になるので、その経験を活かして良いレースができればと思います」

FIA-F4富士大会公式予選レポート

FIA-F4富士大会公式予選レポート

荒川麟がトップタイムも無念のペナルティー
第1戦では木村偉織、第2戦では小出峻がPPに

いよいよ迎えた2021年シーズンのFIA-F4選手権。そのシーズン最初の公式予選が、5月3日午前8時15分から30分間で行われた。
 前日のトレーニング走行同様、ドライコンディションで行われたこのセッション、まずはコースイン開始と同時に、31台のマシンがいっせいにコースに飛び出し、ゆっくりとタイヤに熱を入れていく。

 上位陣のタイムが上がり始めたのは3周目あたりから。午前8時21分には野中誠太が1分47秒120でモニターの首位に立つと、これに奥住慈英、岩澤優吾、荒川麟、伊東黎明らが続いていく。さらに翌4周目には46秒台の攻防に移行、そして5周目に入ると、荒川が口火を切る形で1分45秒958を刻み、争いは45秒台へ突入して行った。

 開始10分を過ぎると、45秒台に入るマシンが続出。午前8時25分には野中が1分45秒956でトップに立ち、これに奥住が1分45秒964で追随。間髪を入れず小出峻が1分45秒959、木村偉織が1分45秒658、太田格之進が1分45秒858をマークするなど、トップ6は45秒台に。続く7周目に入るとタイムアップはより顕著となり、野中が1分45秒847で3番手、荒川が1分45秒667で2番手、伊東が1分45秒746で3番手、小出が1分45秒739で3番手と、僅差の上位陣は目まぐるしくオーダーを入れ替える。

 午前8時30分、開始15分と折り返し地点を迎えたところで、多くの上位陣がクールダウンを入れ、翌9周目。荒川が1分45秒594で再び首位浮上を果たすが、すぐさま小出が1分45秒526で逆転。木村も1分45秒640で3番手につける一方、この時点で4番手につけていた伊東は10周でアタックを切り上げピットへと向かうなど、戦略が別れる場面も。
 しかし、セッション後半も伊東以外のドライバーはアタックを続け、午前8時34分には荒川が1分45秒407で再逆転しトップに。午前8時37分には木村が1分45秒470で2番手浮上を果たすと、野中が1分45秒502、小出が1分45秒500を刻むなど、接戦が続いたが、これ以降大幅なタイムアップやベストラップ更新を果たすドライバーは減り、ほぼ上位陣のオーダーが固まることに。

 この結果、午前8時45分にチェッカーが提示され、第1戦のトップタイムは荒川が奪い、木村、小出、野中、伊東、太田がトップ6。さらにセカンドベストで決まる第2戦では小出がポールポジションを手にし、野中、木村、荒川、太田、そして清水英志郎がトップ6となった。ところが、予選終了後トップタイムを刻んだ荒川に、複数回の4輪脱輪があったとして7グリッド降格のペナルティーが科せられることに。このため、予選結果としては荒川のトップタイムは変わらないものの、第1戦の上位グリッドには木村、小出、野中、伊東、太田、清水が並ぶこととなる。

 また、40歳以上のジェントルマンドライバーを対象とするインディペンデントカップには11台がエントリー。この予選では序盤HIROBONが1分48秒954でクラス首位につけていたが、DRAGONが4周目にマークした1分48秒174でクラストップタイムに。しかし、午前8時30分には齋藤真紀雄が1分47秒478でDRAGONを逆転。このまま終盤まで齋藤が首位をキープし、首位のまま齋藤は早めにアタックを打ち切ったが、最後までアタックを続けていたDRAGONがファイナルラップに1分47秒474をマークし大逆転に成功し、結局第1戦、第2戦ともにダブルポールを獲得。両レースともに齋藤が2番手、HIROBONが3番手につける結果となった。